スポーツ・健康教育部門



健康・スポーツ教育科目に関する教育プログラムの企画・開発を行います。 体力ならびに健康の維持・増進に加え、積極的な行動力を育む身体教育の開発と実践を行うと同時に、学生の健康知識の習得とライフスタイルの向上を促す教育・研究を推進します。また、学生、教職員等を対象としたスポーツ・レクリエーション活動の啓発ならびに支援・指導を行います。

スタッフ(専任教員)

研究者総覧

担当授業

共通教育: 健康・スポーツ教育科目(武道)

研究者総覧 研究室ホームページ

研究

七五三木研究室では①行動の目的や環境に応じてダイナミックに変化する脳情報処理機構の解明と、その脳機能ダイナミクスに基づいて②アスリートの視覚機能および視覚-運動協応機能を改善することでスポーツパフォーマンスを最大化する2つの研究に取り組んでいます。ニューロン(神経細胞)レベルからヒトの知覚・認知・行動レベルでの計測及び解析を実施するために、動物実験グループとヒト実験グループの2グループから構成されています。詳しくは、研究室のHPをご覧下さい。研究内容に興味・関心を持ったり、一緒にやってみたいという気持ちが芽生えた方は、今の知識レベルなど気にせずに遠慮なくコンタクトして来てください。

担当授業

共通教育: 現代の脳科学・現代のスポーツサイエンス・スポーツ実習A・スポーツ科学・健康科学

学生へのメッセージ

行動しなければ、真実は見えてきません。自分自身の本当の姿や自分を取り巻く世界の真実は、行動することで浮かび上がってきます。何事にもどんどんチャレンジして真実の断片を浮かび上がらせ、見つけ、繋ぎ合わせていきましょう。断片が塊になって少しずつ姿・形を現わしてくるそのプロセスには、たまらないドキドキ感、ワクワク感があり、自分自身の想像を超えたものが見えた時には、知らずに涙さえ流れます。チャレンジしたものだけが味わえる”感動”という宝物です。

連絡先

shimegi@マーク以降はcelas.osaka-u.ac.jp

研究者総覧

研究者総覧

マラソンのライバルは,あのノーベル賞の山中伸弥先生です(ご本人は知る由もありませんが・・)。

直接対決の日を楽しみに,日々練習に励み,毎年京都マラソンに応募するも当たったことがありません。

研究者総覧

取り組み

学生(高校生含)・教職員・地域住民に対して、 体育・スポーツ事業を展開しています。イベント案内・活動報告はこちら。