全学共通教育部門

 

国内外の先進的教育プロジェクトおよび実践の調査研究等にもとづき、最高水準の教育を目指した全学共通教育のあり方について検討します。主体的学習能力獲得につながる全学共通教育カリキュラムの改善・開発、正課教育における学習達成状況の調査研究に基づく履修指導の充実、授業改善のためのアンケート等による授業の質向上の推進、並びに高学年向け高度教養教育プログラムの企画・立案を行います。

スタッフ

研究者総覧 研究室ホームページ

研究

我々が普段目にする全ての物質は、負の電荷を持つ粒子(電子)と、正の電荷を持つ粒子(電子が抜けた原子)の集合体です。この粒子の集合体を支配している基本法則(シュレディンガー方程式)は単純なもので、実際にたった数行の数式で表せます。しかし、実際の物質は非常に多様な性質(物性)を示します。それらを基本法則から出発して理論的に解き明かすのは大変難しい問題です。その原因は粒子の数がアボガドロ数(23桁の数字!)程度に及び、しかもそれらが複雑に影響を及ぼし合っていることにあります。同じ符号の電荷を持つ粒子同士は避けあうし、異なる符号の電荷を持つ粒子同士は引き合うことは皆さんご存知でしょう。このように,膨大な数の粒子が影響を及ぼしあうと、単純な基本法則からは予測できないような性質が現れることをノーベル物理学賞受賞者の P.W.アンダーソンは "More is different." という言葉で表現しました。私の研究は、まさにこの "More is different." の問題に理論物理学の手法で挑み、正負の電荷を持つ粒子の集合体が示す多様性を解明することを目指すものです。

研究者総覧 個人ホームページ researchmap

研究

科学技術への市民の関与・参加について
研究不正問題・研究公正について
戦後日本の石炭産業について

担当授業

共通教育: 現代社会を読み解く―科学技術と社会(現代教養)、震災の知・復興の知(先端教養)、Discovery Seminar(基礎セミナー)、ビブリオバトル入門(基礎セミナー)、池島プロジェクト(基礎セミナー)、飯舘村環境放射線研修(基礎セミナー)

専門教育: 科学史・科学論講義(文学部)、現代哲学演習(文学部)、哲学講義:西洋哲学通史(文学部)、現代思想文化学修士論文作成演習(文学部)、現代思想文化学博士論文作成演習(文学部)、医学倫理・研究ガバナンス特論A(医学部)

メッセージ

大学の面白いところは、教員・学生関係なく対等に議論できることだと思っています。気軽に話しかけてもらえると嬉しいです。

(写真はネタです)

連絡先

masaki@マーク以降はcelas.osaka-u.ac.jp(すべて半角)

研究者総覧 研究室ホームページ

研究

自然界には様々な花がありますが、花弁の数に注目すると、3や5など特定の数のみが多くみられます。花弁の数が7枚の花は、サクラソウ科のツマトリソウや園芸品種を除き、ほとんど見られません。花弁の数は、どのような発生過程によって安定に決まるのでしょうか。また、花弁の数はどのような過程を経て進化してきたのでしょうか。これらの問いに答えるため、イチリンソウ属(Anemone)などキンポウゲ科植物の形態観察と数理モデルを用いて研究しています。

担当授業(2018年度)

共通教育: 現代生命科学の基礎(基礎教養3、医歯薬基1年次)、生命科学の考え方(基礎教養2、人文外法経1年次)、Discovery Seminar(基礎セミナー)

取り組み