新入生の皆さんへ

機構長あいさつ

大阪大学へご入学された皆さん、ご家族の皆さま、おめでとうございます。全学教育推進機構を代表してお祝い申し上げますとともに、皆さんを心から歓迎いたします。

全学教育推進機構の沿革は、1931年の大阪帝国大学創設に遡り、1921年の旧制高等学校からの系譜を引くものです。官立の旧制大阪高等学校は大阪市に1921年設立され、フランス語を専修とする理科丙類は同時創設の旧制東京高等学校の2校のみでした。大阪府立の旧制浪速高等学校は豊中市に1926年設立され、この校地が現在の豊中キャンパスとなっています。大阪大学最古の校舎である大阪大学会館(旧イ号館)は、1928年建築の浪校本館を改修したものです。旧制浪速高等学校の授業内容は教養教育として様々な工夫がされ、当時としては充実した音楽の時間のほか、週6日授業のうち週によっては土曜日に野外演習を行っていました。これら旧制高等学校を源流とする社会や自然の実地観察を重んじる校風は、大阪大学の全学共通教育に引き継がれています。大阪大学は、大阪の地に根づいていた懐徳堂・適塾以来、大阪の地に根付くOPEN MINDな市民精神を有し、時代を支え、人類の理想の実現を図る有能な人材を輩出することに、貢献していきます。

皆さんも、新たな仲間との出会いを大切にし、自身の将来に向かって、これからの全学教育推進機構での勉学と豊中キャンパスでの学生生活を有意義に送られることを望みます。

大阪大学は学生の皆さんの成長と社会への旅立ちを全力で支えてまいります。ご家族の皆さまにも、大阪大学へのご支援をよろしくお願い申し上げます。

大阪大学 全学教育推進機構 機構長 佐藤宏介

全学教育推進機構ウェブサイトの使い方

celas-point-r

★既修得単位認定の案内はこちらです★

このウェブサイトには、以下のような情報も掲載されています。
皆さんの学びを深め、実りある阪大生活を送るためにご活用ください。

また、高学年生の教養などに関する情報も掲載しています。学部4年間、さらに大学院につながる学びを計画する上でご活用ください。