新入生の皆さんへ



【重要】(2020/3/27更新) 4月4日から4月6日に予定していた「履修希望(抽選)登録」は、新型コロナウィルス感染拡大防止の対応のため、各学部・学科単位で集合して行わないこととなりました。
所属学部等で行われる学部別履修指導等での説明を受けた後、自宅等でインターネット接続可能なPCやスマートフォンを利用してKOAN(学務情報システム)にて各自で行ってください。

(2020/4/2追記) 履修希望(抽選)登録は、下記の2つの資料をよく読んでから行ってください。

よくある質問 履修に関する問い合わせ ※個別の授業に関しては、各授業担当教員に問い合わせてください。

大阪大学へご入学された皆さん、ご家族の皆さま、おめでとうございます。全学教育推進機構を代表してお祝い申し上げますとともに、皆さんを心から歓迎いたします。

大阪大学の歴史は1931年創立の旧大阪帝国大学にはじまりますが、全学教育推進機構の沿革は、1921年創立の旧制大阪高等学校、1926年創立の旧制浪速高等学校の系譜を引くものです。官立の旧制大阪高等学校は大阪市に設立され、フランス語を専修とする理科丙類は同時創設の旧制東京高等学校の2校のみでした。大阪府立の旧制浪速高等学校は豊中市に設立され、この校地が現在の大阪大学豊中キャンパスとなっています。この二校とも、のちに日本を代表して活躍するような学者、政治家、実業家を輩出しています。阪大坂を登り切ったところで見えてくる大阪大学会館(旧イ号館)は、本学最古の校舎で、1928年建築の浪高本館を改修したものです。この建物は大阪大学に移管されたのち旧教養部の建物として使用され、その後共通教育本館となった歴史があります。旧制浪速高等学校では社会や自然の実地観察を重んじる校風があり、それは大阪大学の全学共通教育に引き継がれています。大阪大学は、大阪の地に根づいていた懐徳堂・適塾以来、大阪の地に根付くOPEN MINDな市民精神を有し、時代を支え、「いのち」に向き合い社会的課題に取り組む有能な人材を輩出することに、貢献していきます。

皆さんも、大阪大学での新たな仲間との出会いを大切にし、自身の将来に向かって、これからの全学教育推進機構での勉学と豊中キャンパスでの学生生活を有意義に送られることを望みます。

大阪大学は学生の皆さんの成長と社会への旅立ちを全力で支えてまいります。ご家族の皆さまも、大阪大学へのご支援をよろしくお願い申し上げます。

大阪大学 全学教育推進機構 機構長 進藤修一

所属している学部のボタンから、詳細情報をご覧ください。

文学部 人間科学部 外国語学部

法学部 経済学部 理学部

医学部 歯学部 薬学部

工学部 基礎工学部


学問への扉について

学問への扉の詳細はこちらをご覧ください。

健康・スポーツ教育科目について

【重要】履修方法を変更しました。(2020/3/27更新)
履修方法の詳細はこちらをご覧ください。

マルチリンガル教育科目について

マルチリンガル教育科目は、マルチリンガル教育センターが実施しています。
マルチリンガル教育科目のカリキュラムの特徴はこちらをご覧ください。