2022年度 春~夏学期の講義室利用および開講形態(全学共通教育科目)について

令和4年度春~夏学期の全学共通教育科目については、対⾯授業、対⾯授業とメディア授業の併⽤やメディア授業のみ等、各授業科⽬により実施形態が異なります。このページには、目安としての科目区分カテゴリーごとの大枠と、メディアで実施する科目を学内で受講する場合の注意事項等を掲載しています。

各授業科目の実施形態(メディア/対面)の詳細については、シラバスの授業計画欄等で確認してください。ただし、社会情勢の変化に伴い、今後、授業実施形態に変更が生じる可能性があります。

■原則対面で実施する科目

  • アドヴァンスト・セミナー
  • 基盤教養教育科目
  • 高度教養教育科目
  • 健康・スポーツ教育科目
  • 専門基礎教育科目のうち以下の実験科目
    • 基礎物理学実験/物理学実験【再履修者用】
    • 基礎化学実験/化学実験【再履修者用】
    • 基礎地学実験
    • 基礎生物学実験

注:科目によってはメディアで実施するものもあります。詳細は各授業科目のシラバス等で確認してください。

■原則メディアで実施する科目

  • 情報教育科目
  • 専門基礎教育科目のうち上記の実験科目以外
  • マルチリンガル教育科目

注:科目によっては対面で実施するものもあります。詳細は各授業科目のシラバス等で確認してください。

講義室の利用について

メディアで実施する科目を学内で受講する場合は、原則、当該科目の指定の講義室で各自のPCを用いて受講してください(講義室は各授業科目のシラバスやKOANの履修登録・登録状況照会等で確認してください)。その際、可能な限り、イヤホンやヘッドホンを装着してください。指定の講義室が密になる場合は、他のメディア授業受講可能な講義室(管理・講義A棟2階の全学教育推進機構教務係前に掲示)受講してください。

また、全学教育推進機構では、COVID-19感染拡大防止のため、講義A棟及びB棟の1階の講義室のみを食事可能とし、各室に色分けして表示しています。各室の入口等の掲示を確認し、注意事項を必ず守ってください。

全室共通の注意事項

  • 入室時には、手指を消毒してください。
  • マスクを必ず着用してください。
  • ソーシャルディスタンスを確保してください。
  • 使用後には、使用した個所を消毒してください(消毒液等は各室に準備しています)。
  • どの教室を利用したか、各自で記録してください。 行動記録表はこちら
  • 充電ステーションを設置しますが、コンセントの数が限られていますので、授業で使用する端末は、原則として、自宅で十分に充電をしてきてください。

区分ごとの注意事項

食事不可の教室(赤)

  • 食事はできません。

食事可の教室(濃い青)

  • ノーマスクでの飛沫の飛散を防止するため、食事の際には、必ず備え付けのパーティションを使用してください。
  • 個食・黙食を心がけてください。

タグ:  お知らせ