交通機関運休等の場合の授業の取扱

このページの情報は、PDF形式でもご覧いただけます。

1.交通機関運休の場合の取扱

ストライキ、事故、災害等により交通機関が運休となった場合、全学教育推進機構では、当機構への通学路線のうち特に「阪急電車」が運休した場合に限って次のとおり取り扱います。

午前6時以前に解除された場合:全日授業実施、午前9時以前に解除された場合:午後授業実施、午前9時を経過しても解除されない場合:全日授業休業

2.気象警報発令時の取扱

大阪府「豊中市・吹田市・茨木市・箕面市のいずれか又はこれらの市を含む地域」「暴風警報」又は「特別警報」が発令された場合、授業は休講とします。

なお、同警報が解除された場合の取扱いは次のとおりです。解除の確認は、テレビ・ラジオ・インターネット等の報道によります。
図中、外・言は外国語学部(旧外国語学部を含む)及び言語文化研究科言語社会専攻(旧言語社会研究科を含む)を指します。
※午前6時以前に解除された場合:全日授業実施、午前9時以前に解除された場合:午後授業実施、午前9時を経過しても解除されない場合※:全日授業休業。※ただし、外国語学部(旧外国語学部を含む。)及び言語文化研究科言語社会専攻(旧言語社会研究科を含む。)については、午後3時以前に解除された場合、第6限及び第7限の授業を実施します。

3.午前9時以降に上記「1.交通機関運休」「2.気象警報発令」がある場合

授業時間中に発令等があった場合は、その授業はそのまま行い、次の時間帯以降の授業は休講とします。